はまゆうの会

想い出の宝石「仕分け」のススメ

その輝きに胸をときめかせ買ったダイヤモンドの指輪。成人のお祝いに祖母から貰ったパールのネックレス。出産記念に母から譲り受けたルビーのペンダントなど、そろそろ整理して娘や孫に残したいけど使ってくれるかしら?

 〇この宝石・ジュエリーの価値は?
 〇古いデザインをリメイク(作り直す)できる?
 〇切れたチェーンの修理やリングのサイズを変えたいけどどこに頼めばいいの?
 〇売却処分したいけどどうすればいいの?

そんなお悩み事は
一般社団法人日本リ・ジュエリー協議会認定の【ジュエリー・リモデル・カウンセラー1級】のプロにご相談ください。様々な終活の場面で、「宝石・ジュエリーの仕分け」についてお困りの方は特にお勧めです。

まず、大切な思い出の宝石やジュエリーを娘さんやお孫さんに気持ちよくしっかりと残し伝えるために、宝石・ジュエリーの鑑別鑑定などの判別作業から始まります。その宝石・ジュエリーの真贋(しんがん)はもちろん、作品としての価値いわゆるアンティークジュエリーとして残し伝えるべきかなど、専門的なアドバイスを受けることをお勧めします。

更に、その宝石にまつわる思い入れや思い出、入手したエピソードなどしっかりと整理して宝石としての価値、金額としての価値だけでなくご家族の絆としての心の価値も考慮して仕分けすると良いでしょう。

1.そのまま使う
2.修理して使う
3.娘さんやお孫さん用にデザイン新たに、リメイクしてプレゼントする

上記は親から子へ、そして孫へ思い出とともに想いも繋ぐ積極的な仕分けと言えます。
成人・結婚・出産・入学・卒業・就職・退職・還暦など、様々な記念やお祝いに仕分けした宝石やジュエリーをリメイクしてプレゼントする。そんな「アニバーサリーリメイク」が今、注目されています。
母・娘・孫の三世代が一緒になってリメイクデザインを考える・・・。そのひと時さえも素敵な思い出になることでしょう。

4.使わないから処分する

専門的なアドバイスの後、どうしても使わない宝石やジュエリーは買取業者等に売却処分することになります。今では単に売却するだけでなく、オークションに出品したり委託販売専門業者に依頼して、次のオーナーを探すなど所有者の意にできるだけ沿った様々な処分方法があります。やはり、専門的知識をもつジュエリー・リモデル・カウンセラーや、ジュエリーリメイク専門店に相談すると良いでしょう。

最後に「宝石は地球からの預かり物」と言われることがあります。若かりし頃手にした大切な宝石をご自身の代だけで終わらせることなく娘さんやお孫さんなど、大切なご家族に上手に残し伝えたいものです。宝石の価値のみならず、想い出と共に想いも繋ぎ仕分けする。そんな素敵な終活仕分けをご家族と一緒にしてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせは【終活ジュエリーについて】からお気軽にお尋ねください。

お葬式のお供えに菊の花が多い理由

お葬式に出向くと菊の花のお供えが多いのが目立ちます。最近では胡蝶蘭や白ユリ、カーネーションなど使われることが多いですが、それでも白い菊の使用はダントツに多いと言われます。

菊をお供えする理由としては、「皇室の紋章や国花が菊だから格調が高く厳粛である」「花の香りがお香に似ている」「花言葉=格調高い」「葉や花にはそれを食したり、菊が生えている付近の水を飲むと長生きできると言い伝えがあり、葬儀参列者の健康を願う」など色々な説があるそうです。
菊を葬儀に使用するのは明治時代以降に定着したそうですが、フランスでは祭壇に菊を飾る文化があったために日本でも広まったという説が有力視されているようです。

そもそも菊には「邪気払い」「無病息災」「延命長寿」といった意味があるようです。お葬式とは縁が薄いように感じられる意味ですが、花もちがよく、栽培しやすく、香りはのぼせを鎮める働きがあるため遺族に安らぎを与えてくれる効果もあるようです。

お葬式で助六寿司を食べるのは?

浜松市のお葬式でも、稲荷寿司と巻き寿司の入った「助六寿司」を食べることが多いと思います。スーパーやコンビニエンスストアでも売られているので、普段の食事でも食べる方が多いともいますが、もともと助六寿司は歌舞伎の第一幕と第二幕の間の休憩中に食べるお寿司です。人気演目の「助六所縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」から名付けられました。

主人公「助六」が江戸吉原の遊女「揚巻」に恋するお話で、遊女の名前にちなんだ「揚げ寿司(稲荷寿司)」と巻き寿司が入っているお寿司だから「助六寿司」と呼ばれるようになりました。
それでは何故、歌舞伎のお寿司はお葬式で食べられるようになった理由は、食材にお肉やお魚が使われていないからです。身内が亡くなってから忌が明ける四十九日間、お肉やお魚を一切食べずに精進することが供養とさてきました。そこで精進期間中でも堂々と食べることが出来るために、お葬式でも食べる定番のお寿司となりました。

火葬時間の間に、お手伝いいただいた方やご親族に召し上がっていただくことが多い助六寿司です。

お葬式のコートはどうする?

喪服に羽織るコートはやはり、黒一色のシンプルで飾りや柄がないシンプルなものが一番です。フォーマル用の高いコートも素敵ですが、安く使いやすいコートも一枚あるといいでしょう。しかし、数回しか使用しないものを購入するのも躊躇しますよね。黒のコートを持っておらずお手持ちのコートを着用する場合は、黒に近いグレーやこげ茶など地味な色でしたら許容範囲といえます。
その中で特に葬儀用のコートとして控えたい物は

〇殺生を連想させる毛皮や革を使用したもの。また毛皮や革の飾りを外すことが出来れば大丈夫です。
〇金や銀の金具、エナメルやラメなどの光る素材。葬儀用のボタンカバーでボタンを隠す方法もあります。
〇カジュアルなフード付きのコート及びダウンジャケットやジャンパー。

実際のところ黒のダウンコートを着ている方や、トレンチコート・フード付きのダッフルコートもお葬式の会場でよく見かけます。氷点下を越える地域などでの葬儀では、冠婚葬祭のマナーよりも防寒対策を重要視しているところも多いです。遺族側もその点はご理解しているのでダウンコートはもとより、ニットの手袋や長靴を履いて葬儀の参列しても問われない場合が多いようです。寒い地域のお葬式に参列する際は、どの程度の防寒対策をするのがいいのか尋ねてみるのも一つの方法です。
マナーとはいえ、無理をして体調を崩してしまうのはかえって心配をかけることになります。弔意を表す服装を心掛ければ心配ないことが多いのでくれぐれも無理はしないようにしてください。

喪服で温まる工夫

最近のお葬式は会館で行うことが多いので、葬儀式中は快適ですが出棺でお見送りする時や移動する時など、寒さがつらかった経験はありませんか?参列したために風邪をひいたり具合が悪くなったりということが無いように、真冬のお葬式の防寒対策を考えていきます。

【喪服で温まる工夫】
冬に最適なウール素材の喪服もありますが、春夏秋の3シーズン着用可能な喪服しか持っていないという場合は、真冬日だと生地が薄くてつらいと思います。気温が10度を下回る時期は、喪服の下に保温性の高い肌着で寒さを防御する方法もお勧めです。特に中高年の方々は冷やしてはいけない病気や、膝を悪くされる方などが増えていきます。
そのため女性のパンツスーツを着ている方を、見かけるようになりました。その方がパンツの下に肌着を履くなどしっかり防寒することが出来ます。しかし、略礼服にあたるので地域やご家庭によっては、パンツスーツが失礼に当たる場合があるのでご注意ください。

【足を温める工夫】
現代は基本的にジャケット+ワンピースの喪服を多数を占めています。その場合、透け感のある黒のストッキングとパンプスを合わせるのがマナーですので、足元が冷えやすいと思います。タイツやブーツはカジュアル感が出てしまうので、通常は避けたいところです。しかし真冬や寒い地域では、無地の黒であればタイツでも問題ないとされています。他にも足裏用のカイロを使うのも一つの方法です。
また裏ワザとしては、一枚ベージュのストッキングを穿いてから透け感のある黒ストッキングを重ねるという方法もあります。靴も豪雪・豪雨などの悪天候でパンプスで歩くのが大変な状況であれば、きちんとした黒のショートブーツでもかまわないでしょう。また自家用車の移動であれば荷物が置けるので、車内でブーツや長靴からパンプスに履き替えて会場に入るといいでしょう。高齢者の方はショートブーツや足首をしっかり守って、歩きやすそうなデザインの履物を選ばれることも多いです。
それよりも靴で特に気を付けていただきたいのは「音」です。葬儀式中は読経が響く静かな空間です。その中でパンプスのかかとをコツコツと響かせるのは、あまり感じの良いことではありません。音が出やすい靴の場合は、歩き方を工夫するなど注意すれば多少は軽減できます。

寒さ対策をすると場合のよっては厳密なルールやマナーにそぐわないかもしれませんが、現実的には喪服を着用し弔意を表す服装を心がければ心配ないことが多いと思います。迷ったときは親や兄弟、親戚など相談してみると良いでしょう。