はまゆうの会

彼岸花(ひがんばな)

 彼岸花(ひがんばな)はお彼岸を待っていたかのように咲く花です。1本の茎からすっと伸びた先に赤くカールした細い花弁が優雅です。畦道に群生する様子は、燃えるように真っ赤で引き込まれます。
彼岸花の有名なのは童話「ごんぎつね」の里である愛知県半田市。半田川沿い2㎞に渡って市民らが植えた彼岸花が咲き乱れる様子は圧巻です。浜松市でもフラワーパークで彼岸花の群生を鑑賞することが出来ます。

しかし「摘むと死人が出る」「花を家に持ち帰ると火事になる」などと言い伝えられ、花の異名も「死人花」「幽霊花」「地獄花」と怖いものばかり。お彼岸のころ開花することや墓地でみかけることが多いこと、根・花・茎に毒性があるからなのですが、本来は人々のために役立ってきた花なんです。
毒性があるため、古くはネズミやモグラなどに土葬した遺体や稲を荒らされないように植えられてきました。現在も田んぼの畦道や墓地でよく見かけるのはそのためです。「摘むと死人が出る」などの言い伝えは、子供が引き抜いて触ったり食べたりしないための戒めだったのです。また、彼岸花はしっかり毒抜きすることで食べることができ、飢餓や災害・戦争の際の救荒植物として利用されてきました。さらに専門家が精製することで生薬としても利用されています。

彼岸花は別名「曼殊沙華(まんじゅしゃげ)」とも言います。仏典に由来しサンクリット語で「天界の花」。おめでたいことが起こる前に、天から花がひらひらと舞い降りてくる「良いことの前兆」だとされ、それを見たものの悪業を払うとも信じられています。

赤い彼岸花の花言葉もいい意味があり、「情熱」「想うのはあなたひとり」「あきらめ」などがあります。「あきらめ」は負のイメージですが、仏教用語では「真実」「悟り」という意味になります。自分の心と向き合い真実を見つめ明らかにするという、残された人の心を癒す素晴らしい花から不吉ではないと分かりますね。

※彼岸花を食用・民間療法として利用するのは大変危険な行為です。

遺品(生前)整理について

Q:急な問い合わせでも対応してくれるの?

 A:電話での対応は24時間365日承っています。遺品整理士の資格を持った専門のスタッフがお伺いし、ご遺族様の代わってお亡くなりになられた方の想い出の品や、長年ご愛用されてきた道具・家財をご遺族様の気持ちに寄り添いながら、心を込めてお手伝いさせていただきます。

「何をどこに処分していいかわからない。」
「仕事や日常生活のなかで、なかなか片付の時間がとれない。」
「賃貸物件なのでとにかく早く片付けてほしい。」
「亡くなってから時間が経ってしまい、とても手がつけられない。」
などお悩みの時は、お気軽にご相談ください。

Q:買い取りもしてくれるの?

 A:古物商(491300052101号)の資格をもっているため、買い取ることが可能です。
生前整理・遺品整理のお手伝いをさせていただいたときに出てきた、貴金属やブランド品・家電製品や雑貨なども買い取りさせていただきます。 遺品整理にかかる費用から買い取り金額分を差し引くことによって、少しでもお客様の負担が軽減できるように努めています。
場合によっては遺品の買い取り金額が、遺品整理費用を上回るケースもございます。

   はまゆうの会会員様は、お見積り無料ですので、「こちらより」ぜひご相談・お問合せください。

初盆(盆義理)について

 人が亡くなって初めて迎えるお盆を「初盆」「新盆」といいます。ご先祖様を迎えて供養するものですが、遠州地方は盆行事を重視する土地柄でお葬式に参列された方々の多くがお参りに訪れるほどです。お盆の夕方に初盆のお宅に伺うことを「盆義理」といい、浜松市を含む遠州地方で行われています。

盆義理という風習は全国的にも珍しく遠州地方独特の文化とも言えます。三方原合戦で戦死した武士の霊を弔うために徳川家康が三河の念仏僧を招き、犀ヶ崖(さいががけ)で盛大な踊りを交えた大念仏で供養したのが始まりと言われています。
笛や太鼓、鐘の音を響かせる「遠州大念仏」はその後、遠州各地で盛んに行われるようになりそれぞれの村の初盆の家をめぐる行事へと変化していきました。これを元に多くの人が初盆の家を訪れる風習が根付いたとされています。

 お盆の時期は地域により違います。大きく分けると浜松市中心部から磐田市にかけては7月13日~15日に新盆を、浜松市の北・西・南部が8月13日~15日に旧盆を迎えます。他地方でも山間部に旧盆(8月)が多いので、農作業の時期の兼ね合いから新盆(7月)と旧盆(8月)に分かれたという説が有力の様です。

盆義理は7月13日または8月13日の夕刻から始まります。服装は喪服で出かけ、持ち物はご仏前(お金)で不祝儀ののし袋の表書きは「盆供(ぼんく)」と書くのが一般的です。お盆の時期になるとホームセンター等でも販売されています。
当日はたくさんの人が訪れるため、初盆のご家族との長話は控えた方がいいでしょう。「初盆でお懐かしゅうございます」など、手短にご挨拶をして焼香にとどめるのが礼儀です。

 盆義理は故人を偲び多くの人がお参りに行くという義理人情を重んじた風習です。今後も末永く継承されていくでしょう。

おしょろ様とは

 おしょろ様とは、ご先祖様の乗り物になります。なすと白瓜(きゅうり)などで牛と馬を作ります。
※足はオガラ(麻の茎)、目は小豆・耳は南天の葉・鞍にはいんげんを使います。エサにはそうめんを盛ったものと、ハスや里芋の葉にナスを刻んだものと米を混ぜたものを盛ります。


これらは仏様が一刻も早く帰れるように馬で迎え、牛に荷物を背負わせて送り出すという言い伝えによるものです。(諸説あり)初盆では盆供養の前に行う内施餓鬼の際に親族が用意します。初盆以外の家では牛だけを作り仏壇にお供えします。

【内施餓鬼(うちせがき)】
 お盆の前にお寺さんを呼んで親戚を集め軽いお食事をして、霊を慰める供養のことです。日程についてはお寺さんの都合の良い日を指定してもらうようにします。
尚、施餓鬼とは供養されていない家の周囲にいる餓鬼たちに施しを与えようというものです。

【寺施餓鬼(てらせがき)】
 13日~15日の間お寺の初盆の家を始めとする檀家が一同に集まり、お寺全体で施餓鬼を行うというものです。
この際に、内施餓鬼で用意した袋米を持ってくるところもあるようです。日時についてはお寺から通知があります。

【袋米(ふくろまい)】
 仏様が女性の場合は長方形のさらしを三角形に、男性の場合は長方形に縫います。それぞれ1升のお米を入れます。
仏様が子供の場合は倍の2升のお米を入れます。
袋米は親戚の方が用意するので、お施主様は基本用意をしなくても大丈夫です。

【迎え火(むかえび)】
 13日の夕方に玄関の前でオガラ(松の木)を焚きます。オガラの煙にのってご先祖様の霊が家に戻ってこられると信じられています。昔のやり方通りお墓の前で焚き、家まで火を継いで導きながら迎え火をするところもあります。尚、迎え火は家族だけで行います。
 この日から15日までの3日間がお盆の期間とされています。遠州地方ではこの間に「遠州大念仏」が行われます。

【送り火(おくりび)】
 15日の夕方に親戚や隣人が集まり軽い食事をした後に送り火を行います。家にお迎えした仏様を今度は送り出してあげなければ なりません。迎え火と同様にオガラ(松の木)を焚いて仏様を送り出します。
家の近くの角まで焚き継いでいくところもあるようです。この際には1本は竹・1本は木の箸で挟み合って継いでい行きます。そして初盆に用いたおしょろ様をまとめてお寺さんに納めます。

おしょろ様の供養先については⇒「こちら」

宮型霊柩車

 かつて日本は「野辺の送り」で葬列を組み、お神輿のような形の「輿(こし)」に棺をおさめ男たちが担いで大切に運びました。自動車が普及すると、ご遺体を運ぶ役目が輿から自動車に変わりました。当初は「ご遺体を車の積み荷にするなんて・・・」と抵抗があったようですが、せめて弔いの気持ちを示したいという事からご遺体を大切に運ぶ「輿(こし)」を車に乗せることで、「宮型霊柩車」が登場しました。

しかし、現在では時代の変化で宮型霊柩車の需要が減少し、輿のない洋型やミニバンタイプの霊柩車が増えてきました。宮型霊柩車が無くなってしまうと心配もありますが、実はモンゴルではこの宮型霊柩車が大人気だそうです。

 きっかけは日本で活躍していたモンゴル人力士が帰国したときに、現地の僧侶に「日本には寺の形をした車がある」と紹介したことからでした。その後2003年に日本の葬儀社が寺院に訪れた際、僧侶から「あの宮殿のような車を譲ってほしい」と懇願されて寄贈したのが始まりとなったそうです。

モンゴルでは亡くなった方を盛大に弔う習慣なので、豪華絢爛な装飾が施された宮型霊柩車はまさにうってつけでした。お葬式で使用する為の予約は常にいっぱいだそうです。
また、モンゴルでは社会主義政権時代に仏教が迫害され多くの寺院が破壊されました。仏教復興のために宮型霊柩車は、「走るお寺」として信仰のよりどころになると僧侶たちの支持を集め、仏教のイメージアップにも寄与しているそうです。