はまゆうの会

喪服で温まる工夫

最近のお葬式は会館で行うことが多いので、葬儀式中は快適ですが出棺でお見送りする時や移動する時など、寒さがつらかった経験はありませんか?参列したために風邪をひいたり具合が悪くなったりということが無いように、真冬のお葬式の防寒対策を考えていきます。

【喪服で温まる工夫】
冬に最適なウール素材の喪服もありますが、春夏秋の3シーズン着用可能な喪服しか持っていないという場合は、真冬日だと生地が薄くてつらいと思います。気温が10度を下回る時期は、喪服の下に保温性の高い肌着で寒さを防御する方法もお勧めです。特に中高年の方々は冷やしてはいけない病気や、膝を悪くされる方などが増えていきます。
そのため女性のパンツスーツを着ている方を、見かけるようになりました。その方がパンツの下に肌着を履くなどしっかり防寒することが出来ます。しかし、略礼服にあたるので地域やご家庭によっては、パンツスーツが失礼に当たる場合があるのでご注意ください。

【足を温める工夫】
現代は基本的にジャケット+ワンピースの喪服を多数を占めています。その場合、透け感のある黒のストッキングとパンプスを合わせるのがマナーですので、足元が冷えやすいと思います。タイツやブーツはカジュアル感が出てしまうので、通常は避けたいところです。しかし真冬や寒い地域では、無地の黒であればタイツでも問題ないとされています。他にも足裏用のカイロを使うのも一つの方法です。
また裏ワザとしては、一枚ベージュのストッキングを穿いてから透け感のある黒ストッキングを重ねるという方法もあります。靴も豪雪・豪雨などの悪天候でパンプスで歩くのが大変な状況であれば、きちんとした黒のショートブーツでもかまわないでしょう。また自家用車の移動であれば荷物が置けるので、車内でブーツや長靴からパンプスに履き替えて会場に入るといいでしょう。高齢者の方はショートブーツや足首をしっかり守って、歩きやすそうなデザインの履物を選ばれることも多いです。
それよりも靴で特に気を付けていただきたいのは「音」です。葬儀式中は読経が響く静かな空間です。その中でパンプスのかかとをコツコツと響かせるのは、あまり感じの良いことではありません。音が出やすい靴の場合は、歩き方を工夫するなど注意すれば多少は軽減できます。

寒さ対策をすると場合のよっては厳密なルールやマナーにそぐわないかもしれませんが、現実的には喪服を着用し弔意を表す服装を心がければ心配ないことが多いと思います。迷ったときは親や兄弟、親戚など相談してみると良いでしょう。

遠州地方のお通夜

友人・知人など故人とさほど近くない間柄のお葬式には、お通夜だけの参加が多いと思います。しかも残業などの日は17時~21時の間に弔問することもあるでしょう。しかし「一般弔問ができる時間ならいつ行っても大丈夫!」というのは遠州地方で多く見られる独特の文化で、「流れ通夜」と言われています。

全国的には一般のお客様も「開式⇒読経⇒焼香⇒喪主挨拶⇒閉式(仏式の場合)」と通夜式に参加するために開式の10分位前までには会場に入るのが一般的です。静岡県浜松市のお隣、愛知県豊橋市でも通夜式に参加することが多い為、浜松市のお通夜に来ると戸惑うこともあるそうです。

浜松市の場合、通夜式は親族のみで執り行い一般弔問は通夜式後の約2時間程度の間に弔問します。(概ね18時~20時ころ)その間はご親族の方が弔問に見えた方をお出迎え
します。そのため遠方のお客様は「通夜式に親族しか揃っていない」「時間を間違えたかな?」など戸惑うことがあるので、事前に説明をした方がいいかもしれません。浜松市の場合、時間内に弔問すれば遅刻ではありません。
しかし通夜式に参加する地域の葬式でやむを得ず遅刻した場合は、「急なことでご愁傷様です。本日は遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。せめてご焼香だけでもさせていただいてよろしいでしょうか?」など、謝意を伝えることが大切です。タイミングは式場スタッフに案内してもらうと良いでしょう。

受付が終わっていた時もご遺族や式場スタッフに確認」してみてください。状況によってはお香典をお渡しできない場合もあるので、そのような時は本葬(お葬式)の受付で渡すか後日改めてご自宅に伺い、お渡しすることをお勧めします。事情によて本葬に参列できない場合は、現金書留でお香典を送り喪主(関係者名義)宛に弔電(お悔みの電報)を送ると良いでしょう。

お葬式の献杯と乾杯の違い

普段の宴席などでは「カンパイ!」の掛け声をよく耳にすると思います。
お酒の席やお祭り、結婚式などでは「乾杯」の声で杯(グラス)を交わし楽しく盛り上げて飲み始めますが、葬式や法要の精進落とし等の会食時は「献杯(ケンパイ)」を使います。「乾杯」と「献杯」には根本的な違いがあり、それぞれ表す漢字が示すように「乾杯」は『乾(ほす)』、すなわち注いだ飲み物を一気に飲み干し祝いの気分を盛り上げたりすることを意味します。

逆に「献杯」とは『献(ささげる)(たてまつる)』という故人に敬意を表す意味があります。「献杯」は故人に敬意を払い杯をささげる意味合いから、挨拶の後に行われる「献杯」の発声があったら全員で「献杯」と静かに唱和をし、合唱または黙祷をします。
近くの方と杯を打ち合わせたり拍手をしたりしません。杯を高く掲げずに軽くグラスを持ち上げる程度です。くれぐれも、にこやかな顔をして「ケンパイ!」と大声を出さないように気を付けて下さい。

杯は乾杯と違いますから一気に飲み干す必要はありませんが、故人に敬意を表してのものですから少しだけ口をつけるようにして献杯時は飲むといいでしょう。

宝石やジュエリーの仕分けについて

お葬式が済んでから片付けを行ってると、ジュリーや宝石など出てくることがあります。そんな時は買取に出したりする場合がほとんどだと思います。思い出のジュエリーや宝石を「処分」ではなく「残す」方法を「はまゆうの会」では生前の終活としてご提案いたします。お持ちになってる宝石などは売るだけでなく、リメイクすることが可能なのです。新しいものを買って差し上げるのも一つの方法かも知れませんが、自分の持っている物をお嬢様やお孫様に使ってもらえる喜びを味わうのも一つの方法だと思います。

今では物が溢れてる時代で新しいものを買い替えることがほとんどです。買い買えたものや新しいものは飽きが来てしまいまた欲しくなるのもですが、大切な人が使用していた物はいつの時代でも大切に残しておきたくなるものです。しかし、自分が大切にしていた物は残されたご遺族によって「整理」されてしまう場合が多いのも現実です。ご自分のお葬式を考える今の次代では、ご自分の大切な物を残す方法を考えるのも大切なことです。

思い出の宝石やジュエリーの仕分けや賢い活用術、御家族様への楽しい伝え方など、専門家のアドバイスを「はまゆうの会」会員様は無料にて受けることが可能です。ぜひ一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

お問い合わせは【こちら】からどうぞ

遠州大念仏のいわれ

今からおよそ430年前、時は多くの大名が天下を目指した戦国時代、京に攻めあがる武田信玄の軍勢と後に天下統一を果たす徳川家康の軍勢が激突、これが、かの有名な三方ヶ原の合戦でございます。戦国最強とうたわれた武田の騎馬隊の前に、家康軍は敗北。命からがら浜松城へと敗走いたします。武田の追撃隊は夜も更けてきた為に、浜松城の北に陣をとり、夜が明けるのを待ちます。これに対し家康は「サイガガケ」に布の𣘺を仕掛け、武田軍の背後から夜襲を仕掛けました。慌てた武田軍は人馬ともに次々と「サイガガケ」に落ちてゆき、多くの兵士が命を落としたそうでございます。

それから数年後、この地において農作物の不作や疫病の流行などが起こり、また「サイガガケ」の下からはうめき声が聞こえるなどの話しが広がり、人々は合戦で命を落とした武田軍の祟りだと噂しあいました。

この噂を聞いた宗円(ソウエン)というお坊さんが「サイガガケ」の上に宗円堂(ソウエンドウ)と呼ばれるほこらを建て七日七夜、亡くなった兵士の為に念仏供養を行いました。この時宗円は笛と太鼓、鐘を鳴らして人々に念仏を唱える事を勧めたそうでございます。それからはうめき声も聞こえなくなり、凶作や疫病も無くなったそうです。この供養を知った家康は毎年7月13日~15日まで退転なく、この供養を行うように布告しました。それ以後、地元の人々は宗円堂に集まり念仏供養を盛大に繰り広げるようになりました。

これが遠州大念仏のおこりとされています。

元々、宗教色の強かった大念仏ですが時代の流れとともに大念仏の由来や意味などを伝承する組も少なくなり薄れていきました。そんな中、遠州大念仏保存会が有志の手により組織され、昭和47年には「無形民俗文化財」に指定されました。現在では盆供養に欠かす事の出来ない重要な役割を担っています。昨今では社会環境の変化などで、組のメンバーが集まり練習する事が難しくなってきております。また後継者不足という深刻な悩みを抱えているのも現状です。
どうぞこの場を機会に郷土芸能にふれて伝統を大事にする心を養っていきたいものです。