はまゆうの会

その他

故人へ送る生花の種類

 故人への祈りを込めて生花を飾ったり贈ったりすることは、宗教や民族を越えて長く行われてきた習慣のひとつです。
もともとは遺体の腐敗を防ぐ目的から始まったのだと推測されていますが、現代では草花を生命力の象徴とみなし、
死者の新生を願うために供えるという考え方が一般的なものでしょう。

花の種類
 英語ではシンパシー(思いやり・お悔みの意)フラワーと呼ばれる葬儀の花ですが、日本では細かい分類があります。
今回はその中の「枕花・供花・花環・献花」の4つの花について紹介します。

 

枕花(まくらばな)
 「枕花」というのは、お亡くなりになられてから通夜までの間に、故人の枕元にお供えする花を言います。
ご遺族と共に「故人を偲び、悲しみを分かち合う」という意味を持ち、哀悼の気持ちを表す花です。
何らかの事情で通夜・告別式の後のお届けとなった場合は、ご霊前・お供えの花とされます。

供花(くげ・きょうか)
 「供花」は通夜・告別式で祭壇のそばに供物と共にお供えします。故人の近親者や、式に参列できない方が供花を贈ります。
お悔やみの気持ちと冥福を祈る気持ちを込めて供える花で、故人への最後の贈りものでもあります。霊を慰める意味やお別れの悲しみが癒えることを願う意味も持っており、白を基調とした生花が使用されます。

花環(はなわ)
 「花環」は通夜や告別式に、式場内外や入口に飾ります。花環というと祝い事のイメージがあるかもしれませんが、こちらは故人を偲んで贈るもので、「供花」と同じ意味合いを持ちます。
主に白や寒色系の花を使用し、親しい親族の方や、ゆかりのある会社・団体から贈られます。

献花(けんか)
 「献花」は告別式で祭壇に供える花で、葬儀に参列した人から故人へと贈られます。キリスト教や無宗教の葬儀で行われることが多く、ご焼香の代わりに哀悼の意を示すために捧げます。
こちらは参列者が個々に用意するものではありません。仏式では「別れ花」とも言われています。

お線香

現在ご供養に欠かせないものとなったお線香ですが、なぜお線香をあげるのでしょうか?

・場と心身を清浄にする
・故人の食べ物となる
・天上と現世をつなぐ    など...

 線香の歴史は古く、目的は諸説あります。仏教の発祥地インドでは、紀元前3000年前のメソポタミア文明のころから使用されていたといわれ、当時は遺体の腐敗臭を消す役割もありました。

  仏教において、線香をあげることには重要な意味があります。心を込めて故人を供養するためにも、線香をあげる正しい意味や目的を知りましょう。また線香のあげ方は、宗派や地域によっても異なります。基本的なマナーを押さえて、状況にあった手順で線香をあげることも大切です。
 【杜のしおん】では、いろいろな種類のお線香も取り揃えております。

故人が好きだった香りがするお線香は、より故人に喜ばれるご供養になるかもしれませんね。


静岡県浜松市東区半田山5-2-10
株式会社はまゆうの会

ペット手元供養

手元供養とは

 遺骨の一部を小さな骨壺や専用のアクセサリーに入れるなどし、身近に保管・供養することをいいます。
いつまでも目の届くところで見守るご供養の方法です。

手元供養を選択するわけ

 近年は、ペットのお骨を埋葬したり霊園に入れるだけではなく、「今まで一緒に暮らしていたペットをいつまでもそばに置いてあげたい」という方が多くいらっしゃることから、手元供養をする流れが広がっているようです。

・お墓が遠いためなかなかお墓参りに行けない
・ペット、故人が身近にいる安心感がある
・生きているときも亡くなってからも家族だから

 ペットは動物とはいえ、長年一緒に暮らしてきた家族であると思っている方が多いことから、手元供養が選ばれてきているようです。

<メリット>

・身近に感じられる
・自宅で気軽にお参りができる

<デメリット>

・快く思わない人もいる
・災害などで紛失してしまう可能性もある

  手元供養には粉骨、ペンダント、ブレスレット、ミニ仏壇、ステージ飾り台などがあります。
ご自身にあった手元供養がお選びいただけます。心を込めて送ってあげたい、という気持ちは人間もペットも一緒ではないでしょうか。

そんなペットが亡くなってしまったときに良い選択ができるように、ペットの供養方法もあらかじめ考えてみてもよいかもしれません。

人生会議

 皆さんは、もしものことがあったとき、認知症などで意思が伝えられない状態になったとき、人生の最終手段をどう迎え、何を大切にしたいと思いますか?
そうしたことを、日頃から家族や医療・介護スタッフなど身近な人と話し合ってもらおうと、厚生労働省の公募で「人生会議」という言葉が生まれ、国民への普及を図っています。

 昨年末、人生会議を啓発する厚生労働省のポスターが「患者や遺族への配慮不足」と批判を受け、撤回されました。
お笑い芸人さんが病院のベッドに横たわり、元気なうちに話し合っていればよかったと後悔している内容で炎上したのです。

しかし、その騒動で思わぬ余波も。炎上後ツイッターには「それでも家族で話し合っておくことは大切」という投稿が相次ぎ、「#人生会議勝手にポスター」等のハッシュタグで思い思いのポスターを作成してアップする動きが生まれたのです。
自作のポスターには「繰り返す話し合いの先にはきっとみんなでうなずける未来がある」「決めなくてもいいからいっぱい話をしよう」など名言や個性豊かなメッセージが溢れています。

 最近ではエンディングノートや終活が普及してきました。ひとりで抱え込んでもしものときを考えるのは、悲しく大変なことです。「縁起でもない」と避けるのではなく、元気なうちから日常会話で家族ともしもの時を考えることで、大切にしたいこと、大切にしたい思いが再発見できるかもしれません。

籠盛のルーツ

 遠州地方(浜松)ではお葬式や初盆のときに、缶詰や飲み物などを詰めた籠を造花(シルク)で飾った「籠盛」で祭壇の周りを華やかに飾る風習があります。
生花(供花)と同じく、故人に捧げるお供え物、遺族に弔慰を表すものとして送られます。

籠盛は地域によっては「盛籠」と呼ばれます。また、籠盛の風習がないところもあります。
このような形でお供えをするようになったのは諸説あり、起源がはっきりしませんが、元々は大分県の風習。
遠州地方(浜松)で見かける形とは異なり、スタンドの上に食品が詰まった箱を造花で飾り、スタンドの脚元には灯籠やランプが置かれます

 昔は一家の主人や担い手が亡くなっても、その家族が立ち直るまでの間、日持ちのする玄米や味噌などの食料を親戚や知人が竹やつるの籠に花を添えて送ったのがルーツとされ、日本各地に広がり、それぞれの形で受け継がれています。
現在では、缶詰や飲み物が多いですが、お米や調味料もセットに含まれていることがありますね。

お供え物としての役目が終わったら、親族やお手伝いをしてくれた方々へ配ることが多いようです。

 

忠犬ハチ公のお葬式

 室内飼いが当たり前で「ペットも家族の一員」とされる今では、「ペット葬」は普通の事になってきました。
外で飼うのが当たり前の昔では非常に珍しいことでしたが、例外的に盛大だったのが忠犬ハチ公のお葬式です。

 ハチは1923年(大正12)年に秋田県で生まれた秋田犬。東京帝国大学農学部の上野栄三郎教授に引き取られ、渋谷に近い松濤で暮らし始めました。毎日、教授の出勤を見送り、ときには渋谷駅まで送り迎えすることもあったそうです。
しかし、教授は1925年(大正14年)に急逝。ハチと暮らしたのはわずか1年だったそうです。

ハチのお葬式

 教授が亡くなり10年が経過した1935年(昭和10年)3月8日未明に渋谷駅東口で息絶えているところを発見。遺体は駅の小荷物室に安置されました。上野博士の妻、植木屋の家族が続々と駆け付け、末期の水があたえられました。毛並みを整えられたりしたそうで、これは湯灌(ゆかん)や死化粧にあたるのかもしれません。渋谷駅舎を使って、人間と同様の葬儀が行われました。

 ハチの死を新聞で知った多くの人々が参列。花環・供花・弔電・手紙、さらには香典も続々と寄せられました。
地元・渋谷の仏教会からは導師(法会・葬儀を主になって行う僧)・伴僧(導師に付き従う僧)、計16名も呼ばれました。こんなにも盛大なお葬式は、高僧の葬儀でも珍しいことのようです。

 ちなみに一周忌はハチ公像の前で行われております。これだけ愛され続けているペットは、他にはいないのではないでしょうか。

お彼岸 彼岸花

<彼岸花の咲く時期>

 墓や田の畔など、常に人の手によって除草が行われている場所にだけ、彼岸花は花を咲かせることができます。
 1.秋から茂り始める葉に太陽光が降り注ぐような場所であること
 2.夏の終わりの頃、一定程度の光が地面に届く場所であること
以上の二点が、彼岸花が花を咲かせる必要条件と考えます

9月20日頃に花を咲かせる植物
 彼岸花が咲く気温は、約20~25度とされています。まさに、お彼岸の頃が適温というわけです。
最低気温が20度前後まで下がってくると、地中の球根から花茎が30cm~50cmまで一気に伸び花を咲かせます。

日差しが強い場所は開花が遅くなる傾向があり、半日影の涼しい場所では開花が早くなるようです



<彼岸花が生き抜くための知恵>

なぜ秋に咲くのか
彼岸花が春に花をつける植物だった場合、その生存競争が厳しい中に身を置くことになります。他の植物が枯れ始める9月に咲くことで、太陽の光を十分に受けることができ沢山子孫を残せるというわけです。

「彼岸花(ヒガンバナ)」は、お彼岸の頃に開花することにちなんだ名前です。

 

<赤色の彼岸花の花言葉>
 情熱・独立・再会・あきらめ・悲しい思い出・想うはあなた一人・また会う日を楽しみに

 <白色の彼岸花の花言葉>
 また会う日を楽しみに・想うはあなた一人

 ※白い彼岸花はけっこう珍しいです。
 黄色のショウキズイセンとヒガンバナとの自然交配でできたもので、繁殖力が弱いので、なかなか増えません

 <彼岸花の毒>
 彼岸花には花・茎・葉・球根、すべての部分に毒があります。誤って食べてしまうと吐き気や下痢を起こし、重症の場合は中枢神経の麻痺を起こして死に至ることも。

葉の汁とか、球根とかカジッたりしたら危ないので、子供やペットには注意が必要です。

 彼岸花が土手や畦道に植えられているのは、モグラやネズミから稲や野菜などの農作物を守るためだと言われています。彼岸花には毒がありますが、特に球根に多く含まれる毒を嫌って、ミミズなどの地中の虫達が近寄らなくなります。

モグラやネズミはミミズなどの虫が餌なので、モグラ、ネズミも餌がないので来なくなるため植えられているそうです。
また墓地で多く見られるのも、モグラやネズミから埋葬された遺体を守るためだという言い伝えもあります。

見るだけでは美しくきれいな彼岸花ですが、くれぐれも毒には気をつけましょう。

夏目漱石のペット達を供養する

夏目漱石のペット達を供養する「猫塚」

 新宿・早稲田南町には夏目漱石の蔵書や関連資料が展示される「漱石山房記念館」があります。元々は明治40年から大正5年、夏目漱石が亡くなるまで過ごした終焉の自宅「漱石山房」。ここで、「三四郎」「こころ」「道草」などの代表作が執筆され、文化人の集まるサロンも開かれていました。
 記念館の隣にはお庭のような小さな「漱石公園」があり、中央には石を積み上げた供養塔「猫塚」が建っています。「吾輩は猫である」のモデルとなった猫の十三回忌を記念して、漱石が飼っていた動物の供養塔として妻の鏡子が建立。戦災で失われましたが、その残欠を再利用して昭和28年に復元されました。供養のための塔であり、モデルの猫は同じ敷地の別の場所で眠っています。

 

吾輩は猫であるのモデルとなった猫

 漱石がまだ作家ではなく、東京帝国大学や明治大学で英語講師をしながらも俳壇で活躍し名声が上がっていた頃のことです。
漱石が37歳の年。自宅に子猫が迷い込んできました。妻の鏡子はあまり猫が好きではありませんでしたので、家に入り込むたびにつまみだしていました。
 しかし、何度つまみ出しても、猫は家の中へ入り込んできます。子猫に気づいた漱石は、鏡子に「置いてやったらいいじゃないか」といい、一緒に暮らすようになりました。

 子猫は一見黒猫に見えますが、よく見ると黒い被毛の中にも虎模様があり、爪の先まで真っ黒。
夏目家に出入りしていた按摩さんから「奥様、この猫は足先まで黒いので珍しい黒猫でございます。飼っていれば家が繁盛いたします」と聞くなり、猫のご飯に鰹節を乗せるなど、大事に扱うようになりました。

 その後、明治38年に処女作「吾輩は猫である」が大ヒット。その後立て続けに作品を発表し、人気作家としての地位を固めていったため、「福猫」に間違いはなさそうですね。

 

猫の埋葬の儀

 猫には名前は無く「猫」と呼ばれていたそうですが、漱石の背中に乗ったり、子供達と遊んだりしながら幸せに天寿を全うしました。「漱石山房」に移って間もない、明治41年9月13日のことでした。
 猫の遺骸は、木箱に入れられ、書斎裏の桜の樹の下に埋葬しました。漱石は白木の角材に「猫の墓」と書き、裏面に一句をしたためました。「この下に稲妻起る宵あらん」これが、猫の墓標となりました。

 墓標の左右にはガラスの瓶を2つ置き、たくさんの萩の花を活けました。以降月命日がくると、鏡子は墓標の前に、鮭の切り身一片と鰹節一椀をお供えしたと伝えられています。

 

猫の死亡通知書

 翌14日、漱石は門弟や友人に向けて、猫の死を悼み、次のような葉書を送りました。
「辱知猫儀久々病気のところ療養相叶わず昨夜いつの間にか裏の物置のヘッツイ(かまど)の上にて逝去致候。埋葬の義は車屋をたのみ箱詰にて裏の庭先にて執行仕候。但主人「三四郎」執筆中につき御会葬には及び申さず候。以上」

 葉書の周囲にはきちんと墨で黒枠がつけられていました。哀悼の想いを込めて、塗り込められたのかもしれません。

 

遠州の初盆文化

遠州の初盆文化「盆義理」

 故人がなくなって初めて迎える最初のお盆を「初盆(新盆)」と言います。
遠州地方は初盆行事を重視し、盛大に行うため、初めて参加された方は、独特の風習にビックリされます。
他の地方とはどこが違うのか、浜松の特色をご紹介します。

 全国的に珍しい盆義理

 一般的に初盆は、親族だけ集まって、執り行われるものです。
遠州ではお盆になると、初盆を迎えるお宅へお葬式に参加されたほとんどの方(親族・友人・町内・会社関係など)が、初盆のお宅へ弔問します。町内で初盆のお宅が多いと、一日に何軒も回ることも珍しいことではありません。

そして、初盆を迎えるお宅は暑い中お越しいただいた方々に、飲み物や礼状を添えたお返しの品物を渡します。これを「盆義理」と言い、おそらく全国でも遠州だけのものでしょう。
 宗教や家庭の事情で「盆義理」を行わないお宅もありますので、遠方の場合は、事前に確認をしてから弔問するとよいでしょう。

 

華やかな初盆祭壇を飾る

 玄関先で迎え提灯を吊るし、迎え火・送り火を焚く。おしょろ様(ご先祖の乗り物とされる、キュウリの馬・ナスの牛)や盆提灯を飾るなどの風習は全国で見られます。
その一方遠州では、それらの風習以外に、華やかな初盆祭壇に供花や籠盛といったお供え物も飾り、故人を迎え入れます。

盆供の不祝儀袋が売られる

 浜松の場合はお盆になると、表書きに「盆供」と書かれた不祝儀袋が、スーパー・コンビニなどで売られます。
遠州の初盆は、葬儀後に再び大勢の人々が集まり、故人を偲ぶ皆様とのご縁を大切にできる時間です。親族のおもてなしや盆義理返しなどで大変になりますが、遠州の初盆文化を守っていきたいですね。

お彼岸の迎え方

 家族が亡くなってから初めてのお彼岸。宗派によって「初彼岸法要」がありますが、初盆のように特別な準備などがあるわけではなく、普段通りでかまえません。とはいえ、初めてのお彼岸は普段より丁寧に迎えていてはいかがでしょうか。

【お仏壇を丁寧に掃除してみましょう】
 お仏壇は湿気に弱いので、彼岸入りまでの晴れた日にお掃除を行います。掃除をする前にまず、お線香をあげて手を合わせ「これからお仏壇の掃除をさせていただきます」と故人やご先祖様にお断りを入れます。
仏具の配置場所を思い出せず困ってしまう方も多いので、配置図などメモをを残すか携帯電話などで写真を撮っておくと安心できます。

 手の届かない仏壇の上の方は毛はたきでほこりを落とし、手が届く場所は仏壇用の筆でほこりを落とします。筆で落ちない場所は、乾いたタイプの化学雑巾で汚れを音落とします。仏壇用のクリームはある程度汚れを落としてから使用しましょう。
金箔が剥がれたり、水が木にしみ込んでカビが発生しやすくなるので、汚れて濡れた雑巾を使用して拭くのは避けてください。

【お墓参りをしましょう】
 暑さ寒さも彼岸までという言葉があるように、秋のお彼岸までには暑さが和らいでいるので、体に無理なくお墓参りとお墓の掃除をすることができます。初彼岸法要を行う場合はフォーマルですが、そうでない場合はお墓の掃除もしますので平服でも構いませんが、派手な服装や軽装は避けた方が良いでしょう。

 お供えはやっぱり「おはぎ」や「ぼたもち」。お店で購入するのも良いですが、ご家族で手作りに挑戦してみてもいいと思います。お参りが終わったら美味しくいただきましょう。お供えをしたものは仏様や神様の力が宿り、その力を取り込むという意味があります。
お供えをお墓に残してしまうと、墓石にシミがついたりカラスなどが食べ散らかしてしまうため、お花以外は必ず持帰りましょう。

 お彼岸はご先祖や故人に思いを馳せることができる貴重な機会です。一年の中でも季節が穏やかな時期ですので、今までお彼岸に参加されたことのない方も、ご家族で心を尽くした供養をしてみてはいかがでしょうか。

【おはぎの作り方】
材料(10個分)
・つぶあん 500g ・もち米 1合 ・米 0.5合 ・塩 小さじ1/4 ・水 240cc

1.もち米、米を合わせて洗い水気をきり1時間ほど浸水させる。ざるに上げて再び水を切り炊飯器の内釜にいれ、塩と水を混ぜ通常の炊飯モードで炊飯する
2.炊き上がったらボウルに入れ、水をつけたすりこぎで荒くつぶし、10等分にして俵型に丸めた餅を作る。手にくっつく場合は水をつけながら作業するとよい。
3.ラップにつぶあんを1/10量ずつ広げてのせ、俵型に丸めた餅をのせて包み形を整える。同様に計10個作る。(こしあんでもOK)

<ひとくちメモ>
 「おはぎ」と「ぼたもち」は同じような和菓子ですが季節のよって呼び名が違います。秋は萩の花のように小さく上品な俵型で「おはぎ」。春は牡丹の花のように丸く大きく「ぼたもち」。
小豆の収穫は秋。収穫したての小豆は皮まで柔らかく食べられるため「おはぎ=粒あん」。春まで保存した小豆は皮が固くなってしまうため、皮を取り除きこしあんとして使用するため「ぼたもち=こしあん」です。